<< ブンデス「愛」を引き続き♪ ブンデス「愛」に目覚める >>
congratulazioni su Roma!!
ローマvsディエモ・キエフ CL第1節
 さてさて、初回の放送をみようとしましたが、爆睡してしまい、土曜の4:15からの再放送を観てました。 UPも遅れてしまって申し訳ありません。

 この対戦は、因縁ありの対戦ですね。 3年前にも、CL予選の第1節でこのカードが行われ、メクセスのプレーにレッドカードが出た判定に怒ったサポーターが審判にモノを投げつけ、審判が流血・・・ 結局、試合は没収試合となり3-0で敗北。 そして、その年は結局予選敗退。 キエフに乗り込んだ1戦でも、敗北。 ローマにとってはこの試合にしっかり勝ってしまいたいですね!

 開始直後は、ローマが圧倒的にポゼッションするのではなく、ディエモ・キエフも中途半端にポゼッションしてきます。 守り方も中途半端でしたね。 マンマークではなく、どーいうまもりかたなんでしょーか。   先制点は、ローマ! 中盤での華麗なパス交換から、アク兄がトネットに見事なスルーパスを通し、トネットのクロスに体をDFの前に入れた、ペロッタが頭で合わせ、先制! トネットのクロスはこれからも、貴重な得点源ですね。

 その後も、ディエモ・キエフは中途半端な戦い方。 得点を取りに来るわけでもなく、ガチガチに守るわけでもなく。 ローマは、序盤は左サイドを機点としてましたが、タッディにもボールが集まってきます。 カッセッティもいい上がりを見せてましたね。 DFとの競り合いに勝ったタッディのクロスが流れたところにファンが詰めますが、ポスト直撃。 ちなみにメクセスもいましたから、すごい攻撃意識ですね(笑)  その後は、ディエモ・キエフのペースに付き合ったような感じでスローペース。 結局、1-0で折り返します。

 
  後半からの途中交代は無し。 意地を見せようとディエモ・キエフが攻め込んできますが、ドニを脅かすようなシーンはありません。  50分くらいに、マンシーニがフリーでシュートを放ちますが、GKがセーブ。 そして、62分にマンシーニとジュリが交代。 マンシーニは拍手喝采でしたね。 68分には、ジュリがフリーとなりますがシュートはまたもGKがセーブ。 しかし、70分にタッディのがんばりからボールを奪って、ペロッタを経由して、トッティへ。 それを、しっかり決めて2-0! 勝負ありですね! 

 ここで、やっとディエモ・キエフの戦い方もしっかりと得点を狙うようになり、ドニを脅かしますが、ドニがファインセーブ。 82分には、ファンに代わってフェッラーリが帰還。 今シーズンも頼みますよ。 84分には、アク兄に代わってピサーロがピッチへ。 アク兄は、観客からのウケもいいですね。 だって、イケメンですからね! そして、最後にはカッセッティが遠くから狙いますが、惜しくもポスト直撃。 シシーニョも良いけど、カッセッティも良い選手ですよね~

GK 32 ドーニ
DF 4 ジュアン →後半37分
DF 5 フィリップ・メクセス
DF 22 マックス・トネット
DF 77 マルコ・カセッティ
MF 8 アルベルト・アキラーニ →後半39分
MF 11 ロドリゴ・タデイ
MF 16 ダニエレ・デ・ロッシ
MF 20 シモーネ・ペロッタ
MF 30 アレッサンドロ・マンチーニ →後半17分
FW 10 フランチェスコ・トッティ

MF 14 ルドヴィク・ジュリ ←後半17分
DF 21 マッテオ・フェッラーリ ←後半37分
MF 7 ダビド・ピサロ ←後半39分

ハイライトはコチラ





この試合の、全体の印象としては、ディエモ・キエフのペースに2点目までは付き合わされましたが、2点目をとってからは、カウンターを狙うローマらしさが観られました。 2点目を取ってからの守備がしっかりしているので、今シーズンはまだ失点が無いんでしょうね。


 さてさて、CLでは次は、オールド・トラフォードに乗り込んでの1戦! 負けなければ、万歳ですよ。 リベンジという面では、去年は本当の自分たちを見せることができなかったと思うので、落ち着きを持って、この1戦に望んで欲しいですね。 その前に、ユーベ戦ですね。 そして、その後にヴィオラと。 そして、その後にインテルさんと(苦笑)。 どーよ!? いじめられても、頑張る可愛げのあるローマを期待しております(←現実逃避) 疲れはたまるけど、頑張ってくださいね。
[PR]
by panuccilove2 | 2007-09-23 13:00 | ROMA
<< ブンデス「愛」を引き続き♪ ブンデス「愛」に目覚める >>