<< 何でこの時期に・・・ ゴシップってどーなのかな。 >>
congratulazioni su Roma!!
ホームで勝てん・・・
 ローマは、ナポリと対戦。 スタメンはコチラ↓

GK 1 ジャンルカ・クルッチ
DF 3 チチーニョ →後半15分
DF 5 フィリップ・メクセス
DF 21 マッテオ・フェッラーリ
DF 22 マックス・トネット
MF 7 ダビド・ピサロ
MF 14 ルドヴィク・ジュリ →後半46分
MF 16 ダニエレ・デ・ロッシ
MF 20 シモーネ・ペロッタ
MF 30 アレッサンドロ・マンチーニ →後半20分
FW 10 フランチェスコ・トッティ

DF 77 マルコ・カセッティ ←後半15分
FW 9 ミルコ・ヴチニッチ ←後半20分
DF 2 クリスティアン・パヌッチ ←後半46分

b0118608_17312476.jpg30' [1 - 1] フランチェスコ・トッティ(PK)
41' [2 - 1] シモーネ・ペッロッタ
52' [3 - 2] ダニエレ・デ・ロッシ
80' [4 - 3] ダビド・ピサーロ(FK)
b0118608_17313918.jpg
02' [0 - 1] エゼキエル・ラベッシ
46' [2 - 2] マレク・ハムシク
64' [3 - 3] ワルテル・ガルガノ
84' [4 - 4] マルセロ・サラジェタ


パヌッチはベンチからのスタートでした。。 結果は、4-4・・・ 先制されて、追いついて、勝ち越して、追いつかれて、また勝ち越して、追いつかれて、またまた勝ち越して、追いつかれてしまいました・・・  守備の忍耐強さが足りないように思います。 ホームでは今シーズン、CLも含めると2勝2分け1敗。 もっと、もっと勝てるはず! 自分たちを信じて頑張って欲しい!

b0118608_11585855.jpg

b0118608_11595875.jpg

b0118608_1842985.jpg

b0118608_11594465.jpg





トッティとかマンシーニとかはマフラーみたいなもので、首を温めてました。なんせ、向こうは13度らしいです。寒いですねw それで、やっぱり、客がいないと寂しーなとか思ってたら先制されてビックリ。 先制ゴールはラベッシ。 セットプレーのこぼれ球が上手く流れて、フリーのラベッシが上手く決めて先制されました。 まあ、クルチのニアを抜いたラベッシも見事ですが、集中力の欠如は明らかでした。もっと、しっかりして欲しい。 CLなんかでは、アウェーゴールは怖いですからね。

その後、やっぱり試合はローマペース。 ローマがボールを持って、ボールを回し、ナポリはしっかり守る。そして、カウンター。これがぴったりはまる構図でした。 けど、いつもよりカウンターがゴール近くまで迫ってくる。 なんか、ホームでは中盤のプレスが弱すぎると思う。アウェーならきっちり中盤で相手を囲んでボールを奪えるのですが、ホームではプレスが弱い。 そして、これは仕方ないことだと思うがSBが上がって出来たスペースを上手く使われた。 この日は特にシシーニョの裏。 やっと、この休みの間にシシーニョはコンディションを上げてきたみたいでドリブルのキレや、球際の強さなどは戻ってきて、これからが楽しみですが、上がりすぎはちょっとね・・・

解説も言っていたが、この日はトッティがイマイチ。トッティがノっこないと、ローマがノってこないのは事実。そういう時間帯にどれだけ、中盤のピサーロ(もしくはアク兄)とダニエレがボールを散らせるかだと思う。 そーしたら、トッティも楽にプレーできるようになると思う。 そんな、イマイチのローマでもトッティとピサーロのワンツーからピサーロが抜け出して、倒されてPK。あそこをチャージしにいくのは当然だが、強く行き過ぎてしまった。 このPKをトッティがきっちり決めて同点。(コースは読まれていたが) 

その後、シシーニョの猛烈な上がりにより、ジュリが真ん中にポジションを取るようになる。そうすると、どうしてもペロッタとかぶってしまって、二人とも消える時間が続いていた。 しかし、一瞬のスキをつき、トッティが強烈なシュートを放ち、そのこぼれ球をペロッタが押し込んで、勝ち越し! クルチはできちゃったみたいで、ゆりかごでしたよ。 ここら辺は、去年と違う。 前半の間に逆転できるというのは、良いことだ。 そして、前半終了。 2-1で折り返し。

そして、後半がスタート。 そして、その始まりの流れから同点弾を浴びる。 左サイドにボールを送り、なぜかそのスペースはがら空き。シシーニョは真ん中にいて、対応が遅れ簡単にクロスを上げられてしまい、その対応もアバウト。 ハムシクにこぼれ球を押し込まれ、同点・・ 明らかに集中力の欠如。 しっかりしてください。 その後は、拮抗した展開が続くが、52分にダニエレが思い切ってミドルを放ち、それがゴールへと。 もっと、もっと攻撃をしたいと言っていたダニエレだからその気持ちが表れたようなゴールだったと思う。 ミドルをもっともっと打っていけば、ワンツーパスをするスペースも出来ますしね。

その後は、カッセッティが登場。 素直におかえり。 ローマもしっかり守って、”後は守り勝つ”という意志が現れてましたが、その狙いももろくも崩れてしまいます。 64分にガルガノに見事なミドルシュートを決められてしまい、同点・・・ ナポリナインは大喜び。 まあ、この失点はしょーがないと考えるしかないでしょう。クルチよ、もっと成長してくれよ。 しかし、この日はメクセスが精彩を欠いてましたね。 その後も、長いロングボールに反応したラベッシにメクセスとトネットが振り切られ、シュートを打たれますがポストに救われます。

点が欲しいローマはヴチニッチのゴールが欲しいという心を中心に(爆)攻め立て、80分にはゴール近くでFKを獲得。 キッカーはピサーロ。ナポリの方は、ピサーロがキッカーなので、直接はないと思ったのか壁を2枚にしていました。 ピサーロは思いっきり、足を振り抜きボールはそのままゴールに吸い込まれていきました。 みんなで喜んでます^^ しかし、87分にセットプレーからサラジェタにヘッドで決められ、同点・・・  そして、終わりのホイッスル。 勝ち点2を逃したという、言い方が適切かもしれません。 Goal,comには、スパさんインタもUPされておりました。

火曜には、スポルティング戦。 生放送は無いが(スカパー!のバカヤロー!)きっちり、応援しときますよ。 勝ち点3を獲って、ミランとの、”王子とサンドロの勝手すぎダービー”を迎えてください(笑)
[PR]
by panuccilove2 | 2007-10-21 12:00 | ROMA
<< 何でこの時期に・・・ ゴシップってどーなのかな。 >>