<< カピターノはだーれだ? カサ坊、おもちろい。 >>
congratulazioni su Roma!!
ろぉまあだーびー 勝ちなり!
 
 水曜の晩には、観る元気がなく、毎週木曜は忙しいので、結局、試合が観れたのは金曜日。 土曜はお出かけしていたので、結局は更新は今日になってしまいました。。 スイマセン。

 さてさて、ローマダービーも何回目だとかいう話をしてたわけですが、ローマの方が少しだけ勝ちが多いのだそうだが、引き分けが半分ぐらいあるという面白いデータ。 それぐらい実力はいつの時代でも伯仲なんですね。

 ラツィオはどん底だけど、そんなに悪いサッカーをしているわけではない、っと思う。 ちょっとしことが勝敗を分けているのだと思う。

 この日は、右にマンシーニが入っていたのだが、攻撃に1番絡んでいたのは、間違いなくマンシーニ。 ヴチニッチも良いのだが、1トップとして満点の働きをしていかと言えば、?マークである。 最初のシュートもマンシーニ。 だが、この後のゴールキックからカウンターを喰らい、ロッキに上手く、右隅に決められて先制を許す。 メクセスが対応したのだが、悪くない対応なのだが、防げるゴールだったと思う。 けど、このゴールで試合が面白くなるというワクワク感はだれでも持ったのでは? 案の定、このゴールでどちらのチームも体に熱を帯びてきたみたい。 ダービーらしい激しい展開が続く。 

 解説の元横FC監督は、ラツィオをことぐことぐダメだと言ってましたが、そーでもないだろとか思ってたところに、ヴチニッチに完全に裏を取られる。あちゃ~ 同点に追いつけたのは、19分。マンシーニ→ヴチニッチ→マンシーニ→ヴチニッチでゴール! ヴチニッチは体のキレが素晴らしい。。 スペースが無いのが逆に幸いしたゴールだったと思う。ヴチニッチは足下に欲しがるので。 

 その後は、比較的静かになったが、ラツィオの攻撃に迫力が無い。 ザウリのクロスの精度は良かったのだが、右サイドのシルベストリ君がイマイチ。 ローマの方も、ダニエレが気持ちがからぶっているのか攻撃に参加できない。 攻撃の基点となっていたのは、やっぱりマンシーニ。マンシーニが中に切れ込んでいって、パヌッチが上がりおとりになって、マンシーニがさらに中に切り込んでいくという形が中心。 

 個人的に、このゲームの分岐点になったと思うのは、2点目の場面。メクセスの絶妙なパスをマンシーニも冷静に蹴りこんで勝ち越し!前半に逆転できたというのは、大きかった。 もし、同点のままだったら後半からは前がかりになって、カウンターを喰らう可能性があったし、冷静だったからこそ、あの3点目が生まれたのだと思う。 

 後半からは、ローマは余裕だった。 だからこそ、3点目が生まれた。ヴチニッチの上手い落としからペロッタ。ペロッタはやっと調子が戻ってきたのでは?嬉しいです。 

 その後は、ローマは完全に受け手になってしまって、これがいけなかった。いつもなら、ブリーギを入れるのだが、この日は何故か投入せず、中盤の主導権を相手に握られてしまい、両SBも果敢に上がられるようになってしまった。 そして、レデズマに見事なFKを決められてしまう。 完全に流れはラツィオに。 ジュリを投入して流れを変えようとするも変えられず、しかし何とか時間を消費し、勝利。 トッちゃんもおーよろこび。。 カピターノ、パヌッチおつかれさん。




 
 また、ゴールを決めたヴチニッチだけども、僕トッティの半分以下の価値しかないという発言。 この発言、ロマニスタに好評らしい。。

 そんで、湧いてきたのが共存論。 スパさんも、可能との発言。 まあ、試していくことになるんだろうな。

b0118608_11283225.jpg

b0118608_11285863.jpg

b0118608_11291272.jpg

[PR]
by panuccilove2 | 2007-11-04 11:29 | ROMA
<< カピターノはだーれだ? カサ坊、おもちろい。 >>