<< コッパイタリア トリノ戦 アタランタ戦 >>
congratulazioni su Roma!!
最高のミラン!と最悪のラツィオ・・・

 某ネットTVで、ラツィオvsジェノアを観てたんですが、、 スカパー!の解説が無かったので、間違った大口叩いてるかも知れません。。

 ・ ラツィオは、選手はいるんですよね。 ロッキとパンデフは決めるだけじゃなくて、周りをいかすことも出来るし、サイドにはベーラミとかよく走ってますし、真ん中にはレデズマとマウリという王様もいる。後ろも屈強なデカ男が揃ってる。なのに、何故負ける? その原因を考えながら観ていたんですが、、

 ・ 先制点は、マウリの巧さが光ったプレーでしたね。 自分でどこら辺にボールが落ちるか考えてました。 あと、ロッキも良いプレーをしてた。 最近のアズーリ戦士は、攻撃が巧い(笑)

 ・ っで、グダグダと前半は終了。 にしても、ラツィオはボールの取られ方が、非常に悪いんですよね・・ CBにも、そこまで対人能力に優れた選手がいるわけでもないので、この辺は直さないと。

 ・ 後半は、ボリエッロが倒されてPKという判定が下されたんだけれども、あれはPKではないと思う。 その少し後にパンデフがエリア内で演技をして、イエローをもらったけれどもそれと同じぐらいの倒れ方だったと思うが、、 最近のSERIE Aの審判は若いのは良いが、ジャッジがまちまち。 選手も戸惑ってた。

 ・ その後すぐに、FKにボリエッロが頭で合わせ、逆転。 ジェノアサポーター大喜び。 こんな光景は、良いなと思う。

 ・ それで、ラツィオはそのまま点を取れないままで試合を終えるのだが、いくらロッキがケガをしたからと言っても、かなりの体たらくであったし、パワープレーに入る時間帯が早すぎる。75分ぐらいから、やっていたが真剣にゴールを目指しているのではなく、なーんか適当にボールを蹴りこんでるだけに見えた。 そして、試合終了の時には激しいブーイング。当然だと思う。

 ・ CLで沈み、目標を失っているかもしれない。このままでは、本当に降格争いに巻き込まれてしまう。(15位) もっと、必死さを持たないといけないのではと思ってしまった。 ロティート会長もこの試合を目の前で見て、悔しさを覚えたに違いない。 もっと頑張って欲しい。




 続いては、ミランについてなんですけれども、とにかくホームの呪縛から逃れられたことが1番大きかったのではと思います。 お祭り気分で、感想↓

 ・ この日は、ロナウドの日だった。(約1年ぶりぐらい。) パトに、ゴール決めてくださいな的なパスを出す余裕もありましたね。 けど、アンチェ曰く、まだ状態はそんなにということなんで、楽しみですな^^(by偽ミラニスタ)

 ・ けど、攻撃的な布陣にしてカウンターを喰らうことは、分かっていたと思うけど、ちょっと守備はいただけない部分もあった。 セーさんorピルロを削って、ガッツさんを入れるという布陣を試しても面白いかなと。

 ・ こういう大爆発の試合は、ラツィオ戦でもあったんだけど、何よりホームで勝てたことが大きいと思う。 ただ、延期されている3試合の勝ち点を9と見積もっても、まだヴィオラの下。 もっと上位のチームに勝つ必要があると思う。

 

b0118608_2029174.jpg

b0118608_20293237.jpg

b0118608_20294774.jpg

b0118608_20301513.jpg

b0118608_20303248.jpg

バカンスあけは、まずまずの順当ぶりでインテルがシエナを、ヴィオラがパルマを、ウディネはカリアリを破りました。(ついでに、カサ坊サンプも快勝。)

b0118608_2031211.jpg
ちなみに、今節のベストプレーヤーは誰やとの投票がコチラでやっております。 是非、投票してみては?

得点王争いも候補が、トレゼケにイブラにムトゥにクルスにボリエッロにフランチェにタバーノにカカと接戦になってきております。 

やっと、SERIE Aが面白くなってきましたね!!

[PR]
by panuccilove2 | 2008-01-14 20:18 | SERIE A
<< コッパイタリア トリノ戦 アタランタ戦 >>